現状維新 楽シゴファクトリー 福間貴子様 


こんにちは!

現状維新副代表 クラウドファンディングアドバイザーの島田裕之です!

今回は楽シゴファクトリー代表の 福間貴子さんが島根県でイベントを行うためのクラウドファンディングのご相談に来てくださいました!

 

楽シゴファクトリーはミレニアル世代の若者が

「楽しいをシゴトに」

を実現するための活動をしているコミュニティです!

 

今回は島根県でイベント行う為のクラウドファンディングの相談に乗りました

 

今回のご相談の内容の1部をご紹介をします。

【 質問 】
地方でイベントをやる場合、どういうリターン設定をするといいですか?

 

【 回答 】
まずイベントの場合は「イベントに参加したい人」と「イベントに参加は難しいけど応援したい人」の2パターンのリターンを設定する必要があります。

 

特に福間さんの場合は東京での人脈もあるので「イベントに参加は難しいけど応援したい人」にとって『 魅力的、かつお得感のあるリターン 』の設定が大事です。

 

じゃあどんなものが魅力的か?

 

例えば、島根の物で東京に出回ってないモノとか。
地元の人しか知らない何かとか。

 

都心の人が「 なにそれ?! 」と思えるモノがあるといいですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リターン設定はクラウドファンディングの中でも大事なポイントです。

リターンは「 魅力的、かつお得感のあるリターン 」を設定するのが必須です!

 

クラウドファンディングの仕組み勉強会も開催中です!

お申し込みはこちら

 

 

The following two tabs change content below.

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら