クラウドファンディング成功事例!厳選7本の日本酒事例をご紹介します!

日本酒の製造事業や地方創生を目指している事業主さんへ!!
今回は日本が誇るお酒、日本酒のクラウドファンディング成功事例をご紹介します!
どれも100万円以上調達しているプロジェクトで、中には1000万を超えるプロジェクトも存在します!

.

数ある日本酒プロジェクトの中から厳選7本の日本酒をご紹介します!!

.

神々のお酒「ネクタル」を日本の酒蔵の本気で醸す!蜂蜜の古代酒、御存知ですか?

main_2869.fit-scale

プロジェクトはこちら
https://www.makuake.com/project/Nektar/

神酒ネクタルをモチーフに考えられたプロジェクトです!
青森県産のりんご花蜂蜜を使用。日本屈指の職人が作ってくれる。
これだけで魅力的なお酒ですよね。

.

プロジェクトのいいポイントは専門家から「こんな飲み方がオススメです!」推薦紹介が載っていることです。専門家からの紹介というのは信頼度が増しますからね!
こちらのプロジェクトは約150万円の調達に成功しています(^o^)/

.

火災を逃れた奇跡の酒。創業197年、中山酒造の再生を熟成純米酒「めざめ」で応援

main_2560.fit-scale

https://www.makuake.com/project/nakayamasyuzo/

こちらは火災にあってしまった中山酒造さんの復活プロジェクトです。
クラウドファンディングはこのように窮地に立った方でも再チャレンジするチャンスに変えることができるのが魅力的ですよね。

.

このプロジェクトのいいポイントはストーリー性があり、助けたくなる内容であること。後は実績と専門家からの推薦紹介が載っていることですね!

.

後はこのプロジェクトはリターン設定とストレッチゴールの設定の仕方が素晴らしいです。
リターン設定のシリアルナンバーを入れる。これだけで価値を上げることができています。
そしてストレッチゴールを達成したらリターンに酒粕コンフィチュールが追加される仕組みになっています。

.

こういった支援者がファンになってくれ、さらに周りに紹介してくれる仕組みができているのは参考にできるポイントです!
このプロジェクトは410万円の調達に成功しています!

.


大地の芸術祭の里より、熟練の技で醸された贅沢な新潟のお酒「天神囃子」をご紹介!


続いてはこちら!
https://www.makuake.com/project/tenjinkk/

天神囃子とは品質重視で作られるため生産数が少なく、地元以外ではほとんど出回らない貴重なお酒です。
この時点でブランディングができていますよね。

.

このプロジェクトの良いポイントは商品の良さが十分に伝わってくること。歴史から製造方法まで手間をかけているのが伝わってきます。

.

後はQ&Aで支援者の不安を解消するような内容になっているのもいいポイントですね!
こちらのプロジェクトは320万円の調達に成功しています!

.

限定復活!あの伝説のお酒、とやま産まれの酵母で醸した純米吟醸酒「尾仲」

main_1856.fit-scale

お次はこちら
https://www.makuake.com/project/onaka/

過去に人気だったら限定製造品の再販売企画ですね!
酒造する際に先に売れることが決まっている状態で酒造できるのは作り手としては安心ですよね。

.

このプロジェクトの良いポイントはリターン設定ですね。
高い商品のがお得であり、なおかつ限定品のためファンの方はまとめ買いをしたくなる商品です。
そういったお客様の真理をわかって戦略を立ていますね!

.

このプロジェクトは170万円の調達に成功しています!

.

四季折々の日本酒を楽しむ!WAKAZE×凛による<四季酒>の開発プロジェクト

続いてはこちら
https://www.makuake.com/project/wakaze/

このプロジェクトは理系女子大学生とコラボして開発された商品です。若い人にも日本酒を楽しんでもらおうというコンセプトで行なっています。

.

このプロジェクトの良い点は何よりオシャレ!!
四季それぞれの日本酒のデザインがとても素敵です。
そして春は花見、夏は花火大会、秋は紅葉狩理、冬はクリスマスと具体的にシーンを想像できるのは良いですね。

このプロジェクトは210万円の調達に成功しています!

.

若き醸造家の新たな挑戦!鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒「鈴木」

main_2801.fit-scale

続いてはこちら
https://www.makuake.com/project/yoshinosugi-pj/

鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒「鈴木」
この時点で鈴木さんは買おうと思いますよね笑

このプロジェクトの良いポイントは徹底して鈴木さんにこだわっているところです。
ラベル制作者も鈴木さん。そしてリターンにも鈴木さん限定枠が存在します。
こういった一貫した姿勢は素晴らしいですね!!

このプロジェクトは約320万円の資金調達に成功しています!

.

-2℃で味わう新しい日本酒体験。雪がとけるように味わいが変わる「雪どけ酒」冬単衣


続いてはこちら
https://www.makuake.com/project/fuyuhitoe/

-2℃で味わえる日本酒というには初めてではないでしょうか?
この日本酒は飲む人の体温によって口の中で味わいが変化していく日本酒だそうです。
温度へのこだわりが伝わってきますね!!

.

このプロジェクトの良いポイントとしては商品のコンセプトデザインが素敵ですよね。
-2℃で味わうにはその温度を保つ工夫も必要です。そこで専用の保冷バッグも用意。
そして名前に合わせたデザイン。入手したら友達を呼んで自慢したくなりますね!

.


終わりに

いかがだったでしょうか?
日本酒の事例はここにあげた以外にも数多く存在します!
日本酒で成功しているブランドは開発ストーリーが相手に伝わりやすいプロジェクトが多いです。

.

そしてデザイン性に凝っていて、思わず飾っておきたくなるような商品ばかりでした。
紹介したのは日本酒ですが、他の商品にも応用が利くものばかりだと思います。
是非、クラウドガンディングを行うさには参考にしてみてくださいね!

.

今後もクラウドファンディングについて記事や事例を紹介していきます!
もし、気に入って頂けたら現状維新のFacebookページに「いいね!」を押してくれたら幸いです!

.

現状維新 トップマーケッター 島田裕之

The following two tabs change content below.

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら