ブラックオーシャン

ブラックオーシャンとは、誰も目を付けない深海にある市場。
競争相手が存在しない独占市場のこと。

逆に、ライバルが多く、残存者利益しか残っていない競争の激しい市場のことをレッドオーシャン、血の海といわれる事もこともある。
ここで生き残れるのは、大企業等の大資本を持った会社です。

さらにライバルが少なく、比較的平和な市場のことをブルーオーシャンという。
しかし、海の上でレッドオーシャンと繋がっており、いずれレッドオーシャンとなり、価格競争に陥ってしまうのです。