デジタルデバイド

デジタルデバイドとは、パソコンやインターネットを利用できる人とそうでない人の間に生まれる格差のことを言います。
特に、先進国と発展途上国の間では、この差が広がりつつあります。

身近な部分だと、若者と高齢者の間でもパソコンの操作などの面でデジタルデバイドによる格差があります。