なぜ、スーザンボイルは有名になれたのか?

こんにちは!

現状維新のトップマーケッターの島田です。

スーザンボイルという名前を聞いたことある方は多いんじゃないでしょうか?
とても歌声が綺麗なおばちゃんです。

イギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で有名になり、youtubeでは3億件以上のアクセスを誇る方です。

そんなスーザンボイルさんがなぜ有名になったのかを勝手に分析して見ました。

3つのポイントに分けて説明していきます。

 

どこにでもいそうな一般人であること(共感しやすい)

1つ目が「どこにでもいそうな一般人であること」です。
親しみやすい印象で近所にいそうな方ですよね。

どこにでもいそう。平凡な生活を送っている。
それだけで共感しやすい対象でありますよね。

よくセールスレターでもよく見るフレーズで

「私には特別な能力もなく、ごく普通の会社員でした・・・」

なんて表記を良く見ますよね。
これも「あなたと一緒で普通の人だったんですよ」と共感を呼ぶ為によく使う手法ですね。

上記の理由から「どこにでもいそうな一般人であること」は人々の共感を生みやすいポイントと言えます。

 

予定調和を崩す意外性

この動画を見ていただけるとわかると思います。


スタートする前は審査員、観客含め誰も期待をしていない状態でスタートします。

そこから予想を覆す美声を聴くことによって

「なんて美しい声なんだ!!」

と完全に予定調和を崩しています。

 

これは番組の演出も含まれているとは思いますが、予定調和を崩す、意外性、サプライズがあると人の心は動かされるのでしょう。

 

感動的なストーリー

どこにでもいそうな一般人。しかも47歳という年齢で夢を叶える為にオーディションに参加し、スタンディングオーベーションの大歓声を受けてる。

夢は諦めなければ叶う。それを証明するかのようなこんな素敵なストーリー。感動しないわけがないですよね。

感動するヒューマン映画にもよくありますが、人生の逆転劇は誰でも胸が熱くなるものです。

これを見たら誰にだってチャンスはある。ただ、行動するかしないかだけなのが分かりますね。

終わりに

簡単ではありますがスーザンボイルさんが世界的に有名になれたのは本人の歌が素晴らしかったのはもちろんですがオーディションに挑戦したことがキッカケで全て始まっています。

もし、行動を起こしていなければ有名になることもなかったでしょうし、私たちが知ることもなかったでしょう。

何より、スーザンボイルさんをプロデュースしここまで有名にした方も中々の凄腕だと思います。

人の心を動かすことはマーケッターとしても重要な仕事ですし、こういった事例から学べる部分は非常にたくさんありますね。

また今後も事例を元にご紹介していきます!

 

The following two tabs change content below.
福田 泰仁

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら