集客率がグンッと上がる 名刺 の 作り方

フリーランス とは

こんばんは!

現状維新 スタッフの青山です。

 

今回は 名刺の作り方 についてお話ししたいと思います!

ただの 名刺の作り方 ではありませんよ。集客率がグンッと上がる名刺の作り方です!

 

その前に、、、

そもそも名刺とは何でしょうか?

自己紹介のツール

相手に忘れられないようにするためのツール

 

はい、どれも正解です!

 

僕は名刺を小さなチラシだと思ってます。

伝えたいことを伝える紙ですし、イメージを伝えるのもチラシの役割ですよね。

そして忘れられないようにするのもチラシでできることです。

 

名刺 = 小さなチラシ

ただ、小さなチラシと言えば、街で配っているティッシュなども同じですよね。

しかし、名刺には他のチラシに比べて決定的に違う点があります。

 

それは、渡したい相手にほぼ100%受け取ってもらえることです。

 

そう考えると 名刺 ってすごくパワフルな 販促ツール ですよね!

そんなパワフルな 販促ツールに 名前と肩書きだけって、、、

すごく勿体無くないですか?

 

名刺 をとりあえずで作るのではなく、渡す相手(見込み客)に何を伝えたいのか?ということを考えて作ると、

見込み客からいい反応が返ってくるようになります。

 

では、ここからやっと本題に入ります!

集客率をグンッと上げる名刺を作るときに、意識するのは下記の2点です。

  1. 名刺を渡す相手(ターゲット)を決める
  2. ゴールイメージを決める(渡した後、どういった行動を起こしてほしいか)

 

名刺を渡す相手を決める

渡す相手というのは自分の見込み客になる人です。

渡す相手が決まったら、その相手の性別、年齢、好きなもの、興味があるものについてリサーチします。

見込み客に近い人に直接聞くのが一番ですが、それが難しい場合はGoogle先生に聞きます。

 

渡す相手が明確になったら、次のステップに進みます。

 

ゴールイメージを決める

名刺を渡した相手から、どう思われたいのか?ということです。

「面白そう!」「気になる。。」「◯◯って何だろう?」

など、感情で表現すると決めやすいと思います。

 

その2つが決まったら、あとは作るのみです!

下記の記事も参考にしながら、デザインしてみてください

レイアウトの考え方

フォントの選び方

肩書きの決め方

 

自分で作るよりもプロに全てお任せしたいという方には、以下のサービスがオススメです。

仕事が取れる現状維新名刺

販促のプロが上でご説明した2点をきっちりヒアリングし、

あなたの名刺を明日から仕事が取れる 販促ツールに変えてくれます♪

 

お読みいただきありがとうございました(^^♪

この記事をお読みになられたあなたは、
次に『聴き手を感動させるプレゼンの2大原則 【 TEDトーク 世界最高のプレゼン術 】』をお読みください!オススメです(*‘ω‘ *)

The following two tabs change content below.
福田 泰仁

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら
フリーランス とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら