お客様がリピートしない意外な理由とは?

新規顧客は獲得してるのに売上が頭打ちになっている事業主さんへ。
流出顧客に目が行っていますか??

売上を上げるためには

売上単価×(新規顧客+リピート顧客)

.

どれかを上げる必要があります。
今回はリピート顧客を増やす方法をご紹介します。
リピート顧客を増やすには流出顧客をいかに減らせるかが鍵です。
つまり、一度何かしら商品を買ってくれたお客様に対してアプローチしていきます。

.

 

なぜリピート顧客にアプローチ?

 

一度商品を購入してくれているお客様はあなたのことを良いと思ったから商品を買ってくれます。
その分、新規顧客よりも関係性を構築しやすいですよね!
つまり、マネタイズするまでに時間がかからないのです!

.

そして過去、接点があったお客様の名前と顔を思い出してください。
その時より確実にあなたは成長しているはずです。
あの時は満足させられなかったけど・・・

.

今だったらこんなことができる。
今だったらこんな提案ができる。
今のあなたにならそのお客様を満足させることだって可能だと思います(^_−)−☆
これを前提に記事をよんて見てください。

.

リピートしない理由その1:あなたのことを忘れてしまっている

 

単純にあなたのことを忘れてしまっているケースです。
意外とこれが多いんです。行こう行こうと思っていてつい予約するのを忘れてしまってたり、後でやろうと思って後回しにしてしまう経験は誰でもあると思います。

.

以前、私がパーソナルトレーナーをやっていた時に予約が入っていなくて2週間以上会っていないお客様には電話を1本していました。
そうすると8割の人はそのタイミングで予約に繋がります。
タイミングを見失っていたり、単純に予約を忘れてしまっていることが殆どでした。

.

ただ、セールス電話をしたところで反応があるわけではないので注意してくださいね(^_−)−☆

.

リピートしない理由その2:リピートするタイミングを知らない

 

意外とこれは多いんじゃないでしょうか?
あなたの商品サービスをリピートする適正なタイミングをお客様に伝えていますか??
商品サービスを売りっぱなしにしてないでしょうか?

.

必要になったら連絡をくれるだろう。
困った時には連絡をくれるだろう。

そんな希望的観測をするのではなくちゃんとお客様をエディケーションしていくことは重要です

.

リピートする場合は具体的にどういうタイミングでしたらいいかは明確にしておいた方がいいですね。
リピートしてくれたお客様に「なぜリピートしようと思ったのか?」「どんなタイミングでリピートしようと思ったのか?」を聞いてみるのも1つの手ですね!

.

終わりに

どうでしたか?
上記の2つの対策は打てていらっしゃいますか?(^_−)−☆

.

忘れてしまっている。
リピートするタイミングを知らない。

.

この2つを対策するだけで流出顧客を確実に減らせます。
つまり売上が上がりやすくなります!!
流出顧客が減れば減るほど、今度は紹介が生まれやすくなります。

是非やって見ていただけたらと思います(^o^)/

.

もし、もっと具体的な問題解決をしたい方向けに相談窓口もやっております。



 

事業主のための交流会も実施しております(^o^)/



 

それよりも明確なビジョンを描きたい方はこちら


現状維新 トップマーケッター 島田裕之
 
**********************************************
V 「ハタラク=タノシイ」を日本の常識に。
M ポジショニングとターゲティングでUVPを言語化します。
P 自分史上最高のブランドに維新させ続けます。
C 11月10日までに8人の現状維新アントレプレナーを排出します!
**********************************************

The following two tabs change content below.
福田 泰仁

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら