クラウドファンディング!内容はいいのにサクセスしないプロジェクトにありがちな3つの事

PIXELIMGL0891_TP_V

内容はすごくいいのに資金が集まらない。
絶対いける!!と思ったものの全然集まってない。
他のプロジェクトより自分の方が絶対いいと思うのになんで集まらないの?!

今回はこれからクラウドファンディングを起案する方に向けて書いております!!

自分もクラファンサイトはよく見ますが、内容が良いだけにサクセスしていないプロジェクトを見るたびに残念な気持ちになります。
そんなクラウドファンディングプロジェクトにありがちな3つのポイントをご紹介して行きます!!

目標金額が高すぎる

 

これが一番多いのではないでしょうか?
良いプロジェクトを思いついたもののスケールが大きすぎて目標金額が何百万、何千万と言ってしまうケースもあると思います。100万以上のプロジェクトは準備することはしっかりして成功されています。

.

クラウドファンディングには1/3の法則というのがあり

1/3は自分の知人友人からの支援
1/3は自分の知人友人の周りの人からの支援
1/3は自分と関係性がない人からの支援

.

 

つまり最低限目標金額の1/3は自分の周りの人から支援が集まるようにしておくことが大事なんです。そもそも知人友人、家族親戚含め支援者が誰もいないプロジェクトがそもそも成功するとは思えません。
そう言った下準備も大事ですからね(^o^)/

達成が可能な金額を設定しましょう!

見せる材料が弱い

 

見せる材料とは写真、画像、動画、レター。タイトルなど支援者の目につくものです。写真の画質が悪かったし、撮り方が悪いだけでも微妙だなぁと思ってしまうものです。

 

.

後ほどリターンについても触れますが、リターンも「どんなものがもらえるのか?」具体的にわかる写真やイラストがあるとなお良いですね!!

.

.

こう言った1つ1つの見せる材料がちゃんとしているだけでプロジェクト自体の信頼度も上がります。写真が取るのが苦手なら写真を撮るのが好きな人を巻き込んで行くのもアリだと思いますよ(^o^)/

リターン設定の内容と金額が合っていない

たまにクラウドファンディングは寄付的な要素があるから少し高くてもいいと言っている方がいますが、私からするとその考えは徹底的に排除した方がいいです。

リターンの設定の基本は「お得感があり、尚且つ魅力的なリターンである」ことです。

もちろん例外は存在します。
例えばタレントさんや影響力のある方がリターン設定する場合は多少高くでも支援者は集まります。
これは値段に対して支援者が価値があると理解しているから購入してくれるわけです。

基本は「お得感があり、尚且つ魅力的なリターンである」

これに尽きると思います(^_−)−☆

終わりに

どうでしょうか?

①目標金額が高すぎる
②見せる材料が弱い
③リターン設定の内容と金額があっていない

この3つを説明させていただきました。
失敗に終わるプロジェクトは必ずこの3つのうちどれかに当てはまっていると思います。

 

クラファンは準備さえちゃんとすれば成功率がグッと上がります。
是非、参考にしてみてください(^_−)−☆

もしクラファンについてご相談があれば
メールアドレス『 info☆cf-a.jp 』の☆を@に変えてご連絡いただければ幸いです。

The following two tabs change content below.

島田 裕之

プロジェクトマネージャー/クラウドファンディングアドバイザー
詳細はこちら
PIXELIMGL0891_TP_V