新規事業は融資を受けずにクラウドファンディングをやろう!クラウドファンディングをやる3つのメリット

新規事業展開を予定している事業主さんへ。
必ずといっても必要になる事業資金です。国民金融公庫の創業融資だったり、何かしらの手段でお金を借りようと考える方も多いんじゃないでしょうか?

.

今回はそんな方にクラウドファンディングを活用するご提案します!
なぜ、お金を借りるよりクラウドファンディングでお金を集めたほうがいいのか?
ご紹介していきます!!

.

メリットその1:お金を借りなくて済む

 

クラウドファンディングは不特定多数の方からインターネットを通じて支援を募る仕組みです。
基本的には購入型という支援する代わりに見返り(リターン)があるタイプがほとんどです。お金を単に集めるのではなく、自分たちが提供できるものを先に購入してもらい資金を得ることができます。

.

つまり、借金しなくて済むわけです!お金を借りると利子がついたり、返済に追われるプレッシャーもあります。
クラウドファンディングの場合は返済ではなく、あらかじめ用意したお返し(リターン)に対してお金を出してくれるのでリスクも少なくて済みます。

.

これは新規事業を展開する方にとっては嬉しいシステムですね!!

.

メリットその2:お客様がいる状態でスタートできる

 

クラウドファンディングはお金と一緒に支援者というお客様も一緒に獲得することができます。
もちろんちゃんとお客様になってくれる仕組みを用意するのは必須ですが、開業前からお客様がいたら安心してオープンできますよね!

.

これから新規事業で展開する予定のサービスをお返し(リターン)に盛り込んでいけばどれくらいニーズがあるかもわかります。
逆に、クラウドファンディングで成功しない事業モデルは開業しても失敗に終わる可能性が高いです。
そういった意味でもクラウドファンディングをテストマーケティングのように使うのもアリですね。

.

メリットその3:信頼と実績ができる

 

クラウドファンディングは支援で集まった金額と支援者の数が実績として残ります。
実はクラウドファンディングのサイトによっては銀行と提携している場所もあります。
つまりクラウドファンディングの実績で資金融資を受けられるケースもあるということです!!

.

「クラウドファンディングで〇〇万円の支援からできたお店」など見せる材料にもなると思います。
そういった意味でも今話題のクラウドファンディングを活用してみるのを私はお勧めします(^_−)−☆

.

終わりに

 

開業資金を集めるのにクラウドファンディングを活用するメリットは伝わりましたか?
もちろんやれば必ず成功するわけではありませんが、準備をして取り組めばいい結果が出ると思います!

.

これから新規事業展開する方には是非活用していただけたらと思います!

現状維新 トップマーケッター 島田裕之

 

The following two tabs change content below.
福田 泰仁

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら