5万円から始めるクラウドファンディング企画〜クリエイター編〜

YOSX9768_TP_V

こんにちは!

現状維新トップマーケッターの島田です!

クラウドファンディングと聞くといくらくらい集めると思いますか?

勝手なイメージですが200万円とか、500万円とか。

そんな大きな金額じゃなくてもクラウドファンディングって活用できるんです。
今回は小規模でやられている事業主さん向けにクラウドファンディング活用法をご紹介して行きます!!

特にクリエイターの方にはオススメです!

 

企画概要

このクラウドファンディング企画の一番の目玉は

「見込み客や過去客と接触をはかる」ことがメインです。
クラウドファンディングでの利益はあまり考え図に行います。

最近会えていないお客様や普段とは違う場所の見込み客と会う機会にクラファンを使っちゃおうという企画です。

顧客満足度を上げる為に導入したい物を探す

あなたは今5万〜10万円ほど資金を持っているとします。
あなたのサービス力を上げるためのツールを買うとしたら何を買いますか?

デザイナーであればペンタブを新調するのもありですし、カメラマンであればレンズもありです。 SEであればパソコンの追加機材もありですよね!

お客様に還元できる価値が高くなるものを選びましょう!

ベネフィットを言語化する

では次にその新しいツールを手に入れることでお客様に与えられるベネフィットを言語化して行きましょう。

ベネフィットとは相手に与えられる体験価値という意味です。
それを見て「受けてみたい!お願いしたい!」と思えるものであれば最高です!!

ツールが加わることでデキる新商品、新サービスがあればそれでもいいと思います。
新商品、新サービスであればリターンに設定すればPRにもなりますからね(^o^)/

過去客、見込み客への事前告知

以前にお世話になった方や見込み客へクラウドファンディングを行うことを事前告知します!
この際に「どんな商品サービスだったら支援したいと思うか?」も聞いておいてもいいかもしれません。

普段なら過去客、見込み客にいきなりアプローチしても嫌な顔されると思いますがクラウドファンディングがクッションになります。

クラファンをキッカケに過去客、見込み客と接触をはかって行きましょう!!

リターンの設定はフロントエンドorミドルエンド

クラウドファンディングのリターンは大前提があります。

魅力的で尚且つ、お得感のあるリターン設定です。
つまり、利益に重点を置くのではなく与えるつもりで行いましょう!

最終目標はフロントエンド、ミドルエンドをリターンに設定しておき、お客様との接触する機会を創り、要望に応じてバックエンドに繋げて行きます。

こうすることでクラウドファンディングで利益を得るのではなく、クラウドファンディングが終わってからの戦略で利益につなげていくことが可能です!

終わりに

いかがでしょうか?

クラウドファンディングは資金集めという意識が強いですがマーケティングツールとしても大いに活用できます!
ただ、今回のケースは使い方を間違えるとセールスになってしまうので十分に注意をしてくださいね!あくまでもマーケティングを行います。

枠に捉われずに、いろんな活用をしていっていただけたらと思います。

もし、クラウドファンディングについてこの事例を活用する場合は

メールアドレス『 info☆cf-a.jp 』の☆を@に変えてご連絡いただければ幸いです。

 

 

The following two tabs change content below.

島田 裕之

プロジェクトマネージャー/クラウドファンディングアドバイザー
詳細はこちら
YOSX9768_TP_V