work flow

出る杭ブランディングとは、私たちが考えるブランドづくりのためのプロセスです。
ブランドづくりのために差別化に重きを置きながら、課題の発見、戦略地図の確定、第一印象の設定、表現のクオリティ管理、の4つのフェーズを経てブランディングを行っていきます。
デザインフェーズが終わりブランドの完成後も、再び課題の発見に立ち返り、このフローを繰り返しながらビジネスをさらに拡充していきます。

 

[ 課題の発見 ]

デザイナーがヒアリングしながら現状把握と理想の明確化を行い、現状と願望のギャップをリストアップします。また、そのリストを重要度、緊急度の視点から順位をつけていき、今の課題を発見していきます。

[ 戦略地図の確定 ]

課題解決のための戦略地図を制作していきます。目標数値と期日を確定し、そのために必要な販促ツールを提案します。

[ 第一印象の設定 ]

制作物が決まったら、ターゲット顧客からの理想の見られ方を設定します。

[ 表現のクオリティ管理 ]

実際に販促ツールを制作していきます。期日に間に合うスケジュール内で限界までクオリティを上げていきます。