独立前に知っておきたい経営の基本

gori0i9a3099072103255_tp_v1

独立後、「安定した経営をするうえでの基本」を今回はお伝えします!

こんばんは!現状維新 アントレランチャーの沼田美希です!
フローランスになりたい!独立したい!という方々向けに、起業へ向けてしっかりとした基盤を作るための情報を提供し、皆さんの起業へむけたの一歩を応援させて頂いております。

今回はこれだけは知っておきたい「経営の基本」についてです。

経営を安定させるために

pak85_notepc20150319202127_tp_v

起業したら起業をしたらお金の管理が一番大事です。
特に資金繰りが安定しない起業初期はキャッシュフローを最重要視しましょう。
キャッシュフローとはお金が出たり入ったりする流れの事を言います。仕入れや販促物の製作、活動費など事業が進展させていくうえで現金は欠かせません。帳簿長の売上だけではなく、手元にあり自由に使えるフリーキャッシュフロー(現金)をいかに確保できるかが安定した経営の第一歩になります。

 

フリーキャッシュフローを確保するためには

0007
手元に自由に使える現金を確保するために気を付けるべき大まかなポイントは2つあります。

①キャッシュインを早くする。
②キャッシュアウトを遅くする。

それでは、具体的なポイントをこれからお伝えしていきます。

キャッシュを確保する5つのポイント

000

1、料金は出来るだけ前払い・複数月の一括払いで設定する。
入金を先にもらえると余裕資金ができます。長期にわたる契約をまとめて先に入金してもらう代わりに値引き価格としてもいいでしょう。

2、クレジットカードでの販売の場合はスマホ決済を導入する
クレジットカードの場合、入金が翌々月などになるケースが多いです。
しかし、スマホ決済を導入すると最短で翌営業日に入金されるサービスもあります。

3、支払いはなるべく後払いにする。
支払いの時は極力支払いを遅く、後払いにしてもらうように交渉しましょう。
立ち上げ当初は特に信用がないため。後払いに応じてくれないケースもありますが、なるべく後倒しになるように努力することをオススメします。但し、支払いの遅延などあると信用にかかわるので注意を。

4、経費削減努力をする。
無駄なお金は支払わないように調達時には相見積もりや価格コムで相場の調査を行いましょう。業務や生産の中でのコスト削減努力は基本です。

5、クレジットカードを活用する
クレジットカードを使うと支払いは翌月ないし翌々月になり、その場で現金を払うのに比べると、1ヶ月以上キャッシュアウトを後ろ倒しに出来ます。
また取引がデジタル化されるため会計ソフトとの連動で経理処理が省略化も楽になるというメリットがあります。

まとめ

起業したらキャッシュイズキングで、手元にある自由に使える現金を確保することが一番大事です。

・キャッシュフローを最重視すること
・キャッシュアウトを早くする。
・キャッシュアウトを遅くする。

この3つを意識して、経営を行っていくことをオススメします。

 

お読みいただきありがとうございました(^^♪

この記事をお読みになられたあなたは、
次に『27歳は独立のタイミング!?その理由は。。。』をお読みください!オススメです(*‘ω‘ *)

gori0i9a3099072103255_tp_v1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です