”” 何それ ””アイディアあります!!<超集客>名刺製作実践会開催レポート♪

6176654128_IMG_0755

現状維新アントレランチャーの沼田です!

第2回目を迎えました<超集客>名刺製作実践会をレポートしていきます♪
まず今回ご参加いただいたのはこちらの方々です^ ^

6176654128_IMG_0704

笑顔が爽やかな整体師の清水さん!サッカーに対する熱い想いをお持ちの清水さんは、これからサッカー好きが集まれる、フットサルのコミュニティを立ち上げられます♪『今まで名刺を使ってこなかったのですが、持っていることでどのように活用できるのかを知りたかった』ということでお越しくださいました^ ^
6176654128_IMG_0710

今、公務員をされながらイベンターとしてもご活動中の宮崎さん!3ヶ月後までスケジュールが埋まってしまう程の行動力は脱帽です!!落ち着かれていらっしゃる反面、ユーモア満載で周りを笑顔にしてくださる方^ ^そんな宮崎さんは92年生まれ限定のイベントの企画・運営をされています!本日は『集客のための施策を打つため』に来て下さいました!

6176654128_IMG_0708

不動産で働かれながら、フレアバーテンダーとしてもご活躍されている古谷さん!お酒のシェーカーを投げたたり回りしたりというパフォーマンスをしながらカクテルを作っているんだそう!(←ぜひ1度生で拝見したいです!!)
そんな古谷さんに夢は「衣・食・住」それぞれで起業される事^ ^本日は「反響のある名刺を作りたい」とのことでご参加いただきました!

6176654128_IMG_0754

滝川クリステルさんにそっくり!美人Webディレクターの高橋さん♪これからADHDの方々の起業への一歩を応援するコミュニティを立ち上げられます!終始明るく一緒にいるだけで周りを元気にしてしまうパワーはとてつもないです!!「直近で名刺は使わないけれど、現状維新の勉強会に参加したかったので!笑」ということで本日来て下さいました^ ^

6176654128_IMG_0761

そして、前回の名刺製作実践会に来て下さり、本日は現状維新を取材したいとのことで実践会の風景を撮影しにいらした、ファン作り映像クリエイター柿澤さんです!柿澤さんは「若者の発信によって、日本を夢の語れる国する」という夢を持っておられる方!大学生とは思えない程、しっかりしていらっしゃり、いつもノリの良さで周りを明るくしてくださる素敵な方です^ ^

現状維新の名刺製作実践会ではまず、以下の3つについてクリアにしていきます!

①名刺の目的
②ターゲット(誰に1番名刺を渡したいか)
③ゴールイメージ(名刺を渡した時、誰にどんな言葉をかけて欲しいか)

6176654128_IMG_0725

そして、お互いのゴールをシェアし、そのゴールを達成するためにどんな言葉を入れたらいいのか、どんなデザインにしていくのかを全員で考えていくスタイルです♪

6176654128_IMG_0771

つい事業内容や自分自身のことについて色々情報を載せてしまいがちですが、「情報は少なければ少ないほど、相手に意識を向けてもらえる」ということで、どれだけシンプルにするのかもポイントの1つなんだとか!

それにあたって、どんな言葉をどこにどれだけ載せるのかや、余白とのバランスはどうするのかなど、情報を少なくするにも、様々な戦略があるそう!!

6176654128_IMG_0755

今回は「え!なんですかそれ!?笑」と思わず相手から声をかけてくれるような名刺にするべく、発想力、想像力を結集していき、面白おかしい様々なアイディアが生まれました♪

参加者の皆様、素敵なアイディアの数々をありがとうございます!!

IMG_2029

次回の<超集客>名刺製作実践会は3/15(水) 19:00からです^ ^
詳細・お申し込みはコチラから♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

図1
The following two tabs change content below.
福田 泰仁

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら
6176654128_IMG_0755

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福田 泰仁

現状維新代表デザイナー
消費者に向けて、製品やサービス、企業のストーリーをビジュアライズし、ロゴ、キャラクター、HP、パンフレット、名刺などの販促ツールによって伝えることで、さらなる共感を生み出し、より満足度の高い「ユーザー体験」を生み出している。 詳細はこちら